Q.消費心理に悪影響を及ぼさない(景気が底堅くなってから)、公務員改革・定数削減、議員定数削減を同時に進める、等の前提の上で3年後の消費税の増税についてどのようにお考えですか?

  • ツケを先送りしないためにもやむを得ない (67%)
  • 時期尚早であり増税には反対 (25%)
  • その他 (8%)



Q.またもや政治とカネを巡るスキャンダルがおきていますが、こうした旧い政治の体質を変えるためには何が必要だと思いますか?

  • 民主党への政権交代に期待する (19%)
  • 今の自民党(与党)政権に期待する (17%)
  • 世代交代に期待する (48%)
  • どうせ政治は変わらないので期待しない (16%)



Q.国際的に見てわが国は子供や青少年への予算が少ないといわれていますが、今の時代、大幅増税することなく新たな予算手当てをするためには、他を削ることが必要になります。あなたの考えに近いのはどれですか?

  • 高齢者への予算を少し減らしてでも、子ども・青少年への予算(教育や子育て支援)を増やすべき (53%)
  • 今のままでよい (11%)
  • 大幅な増税(消費税15%くらい)をしてでも、高齢者、子ども・青少年両方の予算を増やすべき (36%)



Q.「2020年に温室効果ガス排出量を2005年比で15%削減」というポスト京都議定書におけるわが国の中期目標について、どのように評価しますか?

  • やむをえない (55%)
  • 厳しすぎる (27%)
  • もっと厳しくすべき (18%)



Q.「自民党もダメだけど民主党もダメだ」といった声をよく耳にします。政治の旧い体質を打破するために今の日本の政治に必要なものをあえて挙げるとすればそれは次のどれだとお思いですか?

  • 政権交代 (28%)
  • 世代交代 (58%)
  • どうせ政治は変わらない (14%)