日本の危機 10
〜日本が直面する10の課題〜

1. 少子高齢化
⇒ 年金不信・財政赤字

大人2人で高齢者1人を養う現状。財政赤字は世界でも最悪レベル。子や孫の世代にツケを回して問題を先送りにしているのが現状です。

高齢化と老齢化は違います。将来への責任を胸に、高齢化を強みに出来る社会に。

2. 社会不安
(治安、少年・外国人犯罪の増加)

治安はどんどん悪化しています。凶悪犯罪も増加の一途。

安心して生活できる、安心して子育てできる日本を取り戻さなくてはいけません。

3. 活力の不足
(なんとなく重苦しいムード)

挑戦するリスクが大きすぎて挑戦すらできなくなってしまっています。本来持っている力を発揮できない状況だと誰でもやる気をなくしてしまいます。

すべての根本は一人ひとりの前向きなパワーと挑戦する心。「規制」、「無言の圧力」を断ち切 り活力みなぎる社会をもう一度。日本が本来そうだった自由に競争できる社会へ。

4. 潜在成長率の低さ

アメリカは3%なのに日本は頑張って2%。規制を撤廃しなければこの状況は変わりません。

「やる気」を生かし、能力を生かす。イノベーションを阻む規制の縛りを断ち切らねばなりません。

5. 政治不信

国民に愛想を尽かされかけている政治。もう後はありません。

旧い政治はもういらない。こそこそ隠し事をしない正々堂々の政治を取り戻します。

6. モラルの退廃

子供が親を、親が子供を傷つける。サービス・製品の質の悪化。ここで止めなければ大変なことになります。

人を想う心を。家族、地域の絆、ひたむきな心、日本人の美質をもう一度我々の手に。

7. 中国・北朝鮮に代表される東アジア地域の不安定

独裁体制の軍事大国を2カ国抱える世界的にも珍しく危険で不安定な地域に日本はあります。

国益をしっかりと守るのは当然の前提。全ての基本は安全保障、確固たる戦略的外交を。

8. テロの危機

テロは明日あなたのそばで起こるかもしれません。

いつここでおきるか、突然巻き込まれるかもしれない脅威。しっかりと対峙し必ず打ち勝つ。

9. 地球環境問題

暴風雨、大洪水、猛暑、大雪。地球の何かがおかしくなっています。ここ10年が正念場です。

全ての基盤はこの地球の環境の持続。これこそ最大の将来への責任。今ならまだ間に合う。最先端国家日本が今こそ第一歩を。

10. 世界における機会の平等
(貧困・伝染病)

未だ11億人もの人が安全な水へのアクセスすら出来ません。今この瞬間にも苦しみ亡くなっている人が大勢います。

誰もがチャンスを与えられ、努力できる社会を。頑張る人が報われる社会を。