令和元年12月20日 レバノン訪問

12月20日はレバノンにて、 ミシェル・アウン大統領(H.E. Mr.Michel Aoun, President of the Lebanese Republic)、ナビーフ・ベッリ国会議長(H.E. Mr. Nabih Mostapha Berry, Speaker of Parliament)、ジブラーン・バシール暫定外相(H.E. Mr.Gebran Bassil, Caretaker Minister of Foreign Affairs and Emigrants)、サアド・ハリーリ首相 (H.E.Mr. Saad Hariri, Caretaker Prime Minister of the Lebanese Republic)、ヤシーン・ジャーベル国会外交委員長(H.E.Mr. Yassine Jaber, Chairman of the Foreign Affairs and Expatriates Committee) それぞれとの会談を行い、シリア難民や国内の経済情勢を中心に、中東情勢などの国際情勢等についても意見交換をしました。

(詳細は外務省HP:https://www.mofa.go.jp/mofaj/me_a/me1/page4_005528.html#section5 をご覧下さい。)