令和元年10月9,10日 世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)第6次増資会合に出席

 10月9・10日、フランス・リヨンにて、フランス政府主催の世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)第6次増資会合に日本政府代表として出席しました。

本会合は2030年までに三大感染症を終息させる取組に必要な資金として第6次増資期間(2020-2022)に140億ドルを調達するためにグローバルファンドとフランス政府の共催で行われたものです。この会合には、日本をはじめとした援助国政府、グローバルファンドの支援を受ける各国、ゲイツ財団他の民間財団、世界各国の企業、市民社会、国連機関から、首脳級や代表等約900名が出席しました。

 私からは、日本国政府を代表してスピーチを行い、我が国がこの国際的な取組に対し、前回の第5次増資から5パーセント増である8.4億ドルを支援することを表明しました。また、グローバルファンドが感染症対策を通じて各国の保健システムを強化することに主導的な役割を果たすこと、そして、被援助国が各国で対策資金を確保できるようになるための支援を推進することを要請しました。

また、この会合出席の機会にあわせて、エスワティニ国王への表敬、シャーマ英国国際開発大臣、グローバルファンド事務局長、世界保健機関(WHO)事務局長、ゲイツ財団幹部の方々他との意見交換、グローバルファンドの邦人幹部職員の方々との懇談会等を行い、感染症対策、国際政治情勢等についての意見交換をしました。

今回の会合に際し、マクロン大統領が各国に対して資金拠出を働きかけた結果、目標額の140億ドルを満たすプレッジが達成される見込みです。